全日本特殊浴場協会連合会ロゴ | お問い合わせ | サイトポリシー | サイトマップ
カテゴリー〜会員案内〜
黒バー
スペーサー 会員について
加盟協会・組合
加盟店舗一覧
浅草防犯健全協力会1
浅草防犯健全協力会2
浅草防犯健全協力会3
東京防犯健全協力会
山梨県特殊浴場防犯健全組合
高松特殊浴場協会
愛媛県特殊浴場協会
滋賀県特殊浴場協会
滋賀県特殊浴場協会
岐阜KTY組合
埼玉県特殊浴場協会
メニュバー下
タイトル〜会員について〜
私共全日本特殊浴場協会連合会では、全国の特殊浴場事業者の皆様に加盟推進をし、ご賛同頂く店舗様、特殊浴場協会様、組合様、健全協力会様のご参加を頂いています。
加盟条件に関しては、この業界事業の経営者である事を条件にご参加頂いております。
明日の業界発展を目的とし、現在問題となっていることや、店舗様が活動しやすい土壌づくりを行っています。
詳しくは連合会事務局までご一報下さい。

ラインドット

現在の会員の状況
現在、東京地区を中心に会員組織されています。基本は協会単位の加盟となっていますが、店舗様からの加盟希望は個別に対応させて頂いております。各地で施行されました「暴排条例」や「地域共生」を目的に、「安全」で「健全」な業界を目指しています。ご賛同頂く加盟店は現在約500店舗が会員となっています。

ラインドット

全特連の運営について
現在、参加頂く特殊浴場協会の有識者によって役員構成され運営しております。首都圏から各地区の協会長にご参加頂き、年間の指針、活動計画、月次報告などを各会員へ連絡報告しています。法律改定等の重要事項は首都圏の中で動きがあり、どうしても東京での情報収集や対応策の検討をせざるをえない状況があります。この点では、この連合会が警察庁や厚生労働省への陳情や意見書の提出を考え、行なっていく必要があります。各県の条例問題や地域問題については、会員相互の情報交換はもちろん、連合会への連絡によって事前対応が可能なケースも考えられます。
運営には、各方面との連絡網が重要な要素と言えます。

ラインドット

会員のメリット
前項でもふれました通り、今後連合会では 『法務的なサポート体制』 『営業・求人などの運営的なサポート体制』 『環境に対応する情報発信サポート』 の充実を図ってまいります。会員各店舗の運営にあたり、健全で安全な環境づくりをしていくと共に業界の維持発展を一致団結して行っていく所存でございます。
詳しくは、『サポート体制』の項目をご参照下さい。

ラインドット

会員になるには
現在、営業をされている店舗様につきましては直接会員加入が可能です。また既に加盟されている協会団体に加盟されている店舗様は、そのまま自動的に当連合会の会員となります。
詳しくは、事務局までお電話、メール、FAX等でご一報下さい。現在加盟して頂いている団体様及び店舗様に関しましては 『加盟協会・組合』 をご参照下さい。


ラインドット

会員になるには
全日本特殊浴場協会連合会
〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-60-20-S703
電話03-6912-1513 FAX03-6912-1514
※移転により電話番号が変わりました。

ラインドット
 
TOP全特連のご案内サポート体制会員案内組織体制協力会社一覧リンクページ

2007(C) Z-T-K All Rights Reserved